top of page

人が木から学ぶこと


自然を大切にするということは、自然から学ぶということでもあります。自然の厳しさの中でたくましく育った木には力強い節があり、その節のお陰で長持ちする建造物を私たち人間は建造することができます。


人も木と同じです。平穏無事な人生を生きてきた人間と波瀾万丈な人生を乗り越えて生きてきた人間とは根本的に異なります。価値観も発想も行動も異なります。

色々な生き方の人たちがミックスしているこの世界で、どのように生きていきたいのかは、私たち次第です。


今までの苦労を生かして成長するか、それとも恨んでネガティブに生きていくのか、それも私たち次第です。


子供たちに居心地の良い環境ばかりを作り、真綿で包んだように育てていくのか、それとも厳しい現実を乗り越えていかれるように愛情いっぱいかけながらも力強く育てていくのか、それは親次第です。


私たち人間は、自然の中に生かされている意味を知り、自然から学ぶ必要がありますね。





閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛する人を残して自死を選ぶ

一人の尊い命が自らの手によって消えた 愛する奥さんと子供達を残して... 彼の苦しみは、遥か彼方 幼少期の時から始まっていた 厳格な父親と建前だけの母親 金銭的、物質的に 何不自由なく育った彼 でも 心理的、精神的には空っぽだった 彼が欲しかったものは 建前で甘やかされることではなく 有り余る物でもお金でもなく ただ、心から愛してくれること 親からの無条件の愛 真剣に彼に向き合い 真剣に子育てをし

自由という武器

2月に入り、本格的に風の時代に入ったと言われています。 風の時代は、今までの文明社会から精神社会になり、 皆が自由に生きていかれる素晴らしい時代であるそうです。 でも、果たしてそうなのでしょうか? 人は自由を旗揚げに、歴史上、破壊を繰り返してきました。 政府から与えられる数々の規制に反対する一般市民たちによる暴動で、 どれだけの建造物、商い、人々の生活が壊されてきたでしょうか。 暴動は物質社会が作

Comments


bottom of page