top of page

性教育は単独で教えるべきではない

今、性教育の重要性が叫ばれている日本

世界から遅れているという観点から欧米社会のやり方をそのまま取り入れるのではなく、日本人の価値観と発想と文化背景を考慮して、なおかつ、心と体と精神の発達段階の中でその年齢にふさわしい形で取り入れていかないといけません。

そうしないと、また別の問題が起こります。

要するに性教育は、人間教育の中に入れるべきことで、単独で行うべきことではないと思います。


それは、体のことを知ったとしても、心の成長が伴わなければ意味がないからです。

人間としての尊厳、女性の特性、男性の特性、人間としてのあり方など。


性教育は道徳的観念を土台として、体の構造、ホルモンの働き、人間としての役割と責任などを、総合的に行うことが必要です。


女性の体の特徴、男性の体の特徴、セックスとは何か、妊娠とは何か、避妊する方法にはどのようなものがあるか、などだけにフォーカスするようでは、欧米社会のように、性教育がセックス教育になってしまいます。 子供達が自分の体を守るために必要な知識は、性教育という観点からではなく、人間教育という観点から、取り組むべきであり、そうでなければ、本末転倒ではないかと思います。


欧米社会から遅れているというコンプレックスから、急ぎ足で欧米社会式の性教育を取り入れるのではなく、まずは道徳的観念から見た人間教育の中に組み込み、日常生活の中で、親がその役割を担うようにすることが一番重要ではないかと思います。


もちろん、定期的に親への指導は必要となると思いますが、子供達に他人が知識として性教育を行うことは、危険のように感じます。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛する人を残して自死を選ぶ

一人の尊い命が自らの手によって消えた 愛する奥さんと子供達を残して... 彼の苦しみは、遥か彼方 幼少期の時から始まっていた 厳格な父親と建前だけの母親 金銭的、物質的に 何不自由なく育った彼 でも 心理的、精神的には空っぽだった 彼が欲しかったものは 建前で甘やかされることではなく 有り余る物でもお金でもなく ただ、心から愛してくれること 親からの無条件の愛 真剣に彼に向き合い 真剣に子育てをし

自由という武器

2月に入り、本格的に風の時代に入ったと言われています。 風の時代は、今までの文明社会から精神社会になり、 皆が自由に生きていかれる素晴らしい時代であるそうです。 でも、果たしてそうなのでしょうか? 人は自由を旗揚げに、歴史上、破壊を繰り返してきました。 政府から与えられる数々の規制に反対する一般市民たちによる暴動で、 どれだけの建造物、商い、人々の生活が壊されてきたでしょうか。 暴動は物質社会が作

Comments


bottom of page