top of page

文化の日の趣旨が世界平和の鍵

今日は文化の日ですね。

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨の国民の祝日。

明治天皇の誕生日でもあります。


明治天皇は、幕末の混乱を経て、新時代の天皇に即位した方です。

巡幸や外国人との謁見、太平洋や富士山を見るなど、それまでの天皇なら考えられないようなことを次々と行ないました。天皇家を呪りながらなくなった崇徳上皇を鎮め、新政権の無事を願ったことでも有名です。

明治天皇はとても質素倹約の精神をとても大切にしていたとのことです。 その明治天皇がお生まれになった日を文化の日に定めたのにはきっと明治天皇の思いを未来に繋げていくという背景があったのかもしれませんね。


『自由と平和を愛する』そして、『文化をすすめる』


まさに、現代の課題ではないでしょうか?

明治天皇は61歳という若さで亡くなられていますが、日本の未来、世界の未来に向けた熱い思い、それこそが、この「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ということだったのではないかと思います。


せめて今日は1日、明治天皇の御心を慮り、自由と平和の意味、文化とは何か?を考えてみたいと思います。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛する人を残して自死を選ぶ

一人の尊い命が自らの手によって消えた 愛する奥さんと子供達を残して... 彼の苦しみは、遥か彼方 幼少期の時から始まっていた 厳格な父親と建前だけの母親 金銭的、物質的に 何不自由なく育った彼 でも 心理的、精神的には空っぽだった 彼が欲しかったものは 建前で甘やかされることではなく 有り余る物でもお金でもなく ただ、心から愛してくれること 親からの無条件の愛 真剣に彼に向き合い 真剣に子育てをし

自由という武器

2月に入り、本格的に風の時代に入ったと言われています。 風の時代は、今までの文明社会から精神社会になり、 皆が自由に生きていかれる素晴らしい時代であるそうです。 でも、果たしてそうなのでしょうか? 人は自由を旗揚げに、歴史上、破壊を繰り返してきました。 政府から与えられる数々の規制に反対する一般市民たちによる暴動で、 どれだけの建造物、商い、人々の生活が壊されてきたでしょうか。 暴動は物質社会が作

Comments


bottom of page